ルート営業のサービスレベルを高める! “リアルタイム動態管理”でお客様からのお問い合わせに迅速に対応できる環境を構築!

ルート営業のサービスレベルを高める! “リアルタイム動態管理”でお客様からのお問い合わせに迅速に対応できる環境を構築!

  • 会社名

    株式会社エコ・クルー

  • 業種

    その他事業

  • 管理車両台数

    30台

  • 社員数

    50名

導入の決め手

  • エンジンオン・オフで走行データが取得できる簡単デバイス

    エンジンオン・オフだけでデータが取得できる簡単さがよかったです。システムに詳しくないメンバーでもすぐに利用できました。

  • クラウド型でリーズナブルな料金体系

    大がかりなシステムを導入する必要がなく、リーズナブルに始められるのがよかったです。

Before

リアルタイムに車両の運行状況を把握することで、回収モレを防ぎたかった。また、お客様からの問合せにも即応できる体制をつくりたかった。

古紙回収にあたってはドライバー毎にルートが割り当てられているが、その訪問状況をリアルタイムに把握することで、後から気づいて対応するのではなく未然に訪問モレを防止しサービス向上を図りたかった。

また、どこを何時に訪問したかのエビデンスを日々残すことで、お客様からの「いつ回収にくるか?」「回収はまだか?」といったお問合せにも迅速に対応できる体制をつくりたかった。

After

運行状況をリアルタイムに把握し即ドライバーと連携で訪問モレ防止へ。ドライバー1人1人の意識にも変化が。

リアルタイムでの車両位置把握と、ドライバーの1日の走行データをまとめた日報機能を活用することで、訪問モレの可能性をキャッチしドライバーへ即連絡。管理者とドライバーがタイムリーに連携することで訪問モレ防止へとつながっている。お客様からお問合せを頂いた際も、ドライバーに確認を取らずともスムーズに対応ができるように。

その他にも、古紙回収量が個人の成果につながるといったことから以前はドライバーが他のドライバーの担当エリアでも回収をするといったケースも発生していたが、導入後はドライバーの意識改革が進み、ドライバーそれぞれが自身の担当エリアを遵守した活動を心がけている。

Future

乗務記録機能の活用で業務時間・休憩時間を把握し従業員にとってよりよい雇用環境へ。

お昼の休憩時間等は一律で設定していたが、多忙で休憩時間を削って業務を行っているケースもあり、今後は乗務記録機能で休憩時間を正確に把握することで勤怠に反映させ、よりよい雇用環境をつくっていきたい。