市道の除雪業務用「除雪車」の稼働状況を正確に把握したい! 委託会社と協力して取り組む走行記録の管理方法。

市道の除雪業務用「除雪車」の稼働状況を正確に把握したい! 委託会社と協力して取り組む走行記録の管理方法。

  • 会社名

    岩手県二戸市役所 建設課様

  • 業種

    自治体

  • 管理車両台数

    23台(除雪用グレーダー、ホイルローダー)

  • 社員数

導入の決め手

  • ドライバーの負担ゼロ、装着簡単デバイス

    「スマートフォン等の操作・設定も不要でデバイスを挿すだけでデータが取得できる簡単さがよかったです。システムに詳しくないドライバーも負担なく使うことができています。」

  • クラウド型でリーズナブルな料金体系

    「開発費等大きな初期投資も必要なく、リーズナブルにすぐ始められるのがよかったです。」

Before

アナログタスクメーターに替わる除雪車稼働実績管理のためのツールを探していたが、専用システムでは導入費用が数百・数千万円規模とコスト負荷が大きいのが悩みだった。

建設課では冬の積雪の時期は住民の方の生活に支障をきたさないよう市道の除雪を実施。実際の除雪作業は委託をしており、各委託先から除雪作業を実施していた稼働時間の報告をもらい委託費用の支払いをおこなっている。稼働時間はこれまではアナログ式タスクメーターを利用して積算していたが、タスクメーター会社の販売終了に伴い替わりになるものを探していた。除雪車特化型のシステムも検討したが開発費に数百万円、リアルタイム機能付きになれば数千万円もかかることもありコストを抑えて管理ができるツールを探していた。

After

開発期間不要でリーズナブルに導入でき、稼働開始もスムーズ。住民の方からの除雪車巡回状況のお問合せにもその場で回答で満足度向上へ。

導入に際しては初期費用・月額費用ともにリーズナブルで負担も少なく、開発期間もかからずすぐに利用開始へ。導入後は自動で除雪作業時間の実績が取得できるだけでなく、リアルタイムで稼働状況が把握できるので、委託会社からの報告を待たずとも月次の委託費用の概算算出が可能になり計画が立てやすくなった。また、住民の方からどこまで除雪実施したか・自宅周辺には何時頃巡回するかといったお問合せを頂いた際、これまでは委託業者に電話での確認が必要となり時間を要していたが、導入後はリアルタイムで走行状況が把握できるためその場で回答が可能となり、満足度向上にもつながっている。

Future

引き続き活用を進め、来年度の本格運用を目指していきたい。

来年度からの本格運用を目指し、引き続きリアルタイムでの稼働管理と住民の方からお問合せへの迅速な対応に努めていきたい。