「社員の労務時間を見直し健康管理を図りたい」。 車両管理サービスで取り組む働き方改革!

「社員の労務時間を見直し健康管理を図りたい」。 車両管理サービスで取り組む働き方改革!

  • 会社名

    新日本海フェリー株式会社

  • 業種

    運輸業

  • 管理車両台数

    45台

  • 社員数

    461名

導入の決め手

  • 工事不要のカンタン装着デバイス

    現場に負担なく導入できる手軽さが良かったです。

  • 車両予約機能

    今までは予約システムを利用していなかったので、部門間で社有車の予約・空き状況が一目でわかる便利な機能だと思いました。

Before

営業の長時間運転の状況を把握することで、労務時間の見直し・健康管理を図りたかった。

安全管理をしている中で車両管理がテーマとして上がったのがきっかけ。営業部門では輸送案件でのお客様先訪問の際、東京から群馬や大阪から北陸地方までというような長距離・長時間運転になるケースが多く長時間労働になりがちであったが、車両利用状況の実態を把握できていなかった。

After

ドライバーごとの走行時間・走行距離をすべて可視化し、1人1人の働き方をケアできるように。

車両管理サービス導入後は集計機能を活用することで、人単位・車単位での利用状況を可視化。長時間や長距離に及ぶ走行データがあれば、その営業の上長に共有し本人にヒアリングを行う等ケアを実施。従業員が健康に働ける環境づくりを推進している。

Future

営業車両だけでなく、貨物用車両への導入も検討していきたい。

今どこに車がいるかがわかるリアルタイム機能を活用し、荷物がどこまで運ばれているかの状況把握や、運搬実績の走行データを活用し業務改善に役立てたい。