用語集

コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスとは、株主や従業員などの利害関係者(ステークホルダー)の利益を守るために、経営をコントロールする仕組みのことである。

企業活動に対する公平性、透明性を確保することを目的とし、具体的には「不正を防ぐ仕組み」や「効率的に業務を遂行する仕組み」を指す。企業での情報開示を徹底したり、監査役、社外取締役などの会社機関を置く等がその一例である。

近年では中小企業にもコーポレート・ガバナンスを求める機会が増えている。どのような企業であっても、経営の長期的な成長・価値向上を実現するためには、 法令を遵守し、効率的に事業運営されていくことは必要不可欠である。

稼働率 ジオフェンス・ジオフェンシング