用語集

CSR

CSRとはCorporate Social Responsibilityの略。日本語では「企業の社会的責任」と言われている。

企業は株主や取引先、顧客、地域社会などのあらゆる利害関係者(ステークホルダー)への利益を視野にいれながら、「社会的責任」を果たしより良い社会づくりに貢献する必要があるという考えから様々なCSR活動が行われており、自社ホームページで取組内容や事例を掲載している例も数多い。

企業がCSRに取り組むことによってコーポレートブランディングの向上、従業員の定着率アップ、ステークホルダーとの関係向上など、様々なメリットがあるとされている。

取組例としては「法令の遵守」「環境への配慮」「持続可能な開発(SDGs)」「説明責任(IR)」などがある。

ルート営業 DX(デジタルトランスフォーメーション)