用語集

動態管理

車両をはじめとした移動体(動態)のリアルタイムな位置情報や状態(何をしているのか等)を記録し、管理することを動態管理という。 動態管理は法人の車両管理サービスで活用されており、特に運送業では動態管理を活用することで配送中の荷物がどこまで運ばれているかの把握や、荷主からの運行状況の問合せにもその場で回答できるようになる。他にも、営業や巡回・メンテナンス業務において顧客から緊急の問合せや依頼が入った際も、顧客付近にいる車両を即座に特定し向かわせることが可能となる。最近ではBCP対策として、震災や災害時において車両を利用している従業員の所在確認にも利用されるなど、幅広く活用されている。

動態管理の仕組みは、 GPS搭載の端末を車両に搭載して走行することで衛星から位置情報などの走行データを取得。取得されたデータは専用システム等を利用することでパソコン上で確認できるようになる。

従来は大掛かりで高価な車載端末を工事を行って設置し、データを確認するにはパソコンに専用のシステムをインストールする必要があった。現在はシガーソケットやOBD-Ⅱコネクタにデバイスを挿すだけでよい工事不要の端末が登場し、ソフトもクラウドサービスの発展によりインターネット上のWebブラウザ経由で手軽に利用できるものが増えているため、費用面や工数面でハードルが高かった企業でも導入が進んでいる。


傭車 タコグラフ・タコメーター