用語集

DX(デジタルトランスフォーメーション)

DXとは「Digital Transformation(デジタルトランスフォーメーション)」の略。

DXは2004年にスウェーデンのウエリック・ストルターマン教授によって提唱された「IT技術が浸透することにより、人々の生活を豊かにしていく」という概念である。

経済産業省の発行するDX推進ガイドラインによると、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と定義されている。

実際のビジネスシーンにおいては、 デジタル技術を活用することによってプロセス改革を行い、既存ビジネスに生産性の向上・コスト削減・時間短縮をもたらすといった、ビジネス全体を大きく変革することなどがDXの一例である。

CSR 通信型ドライブレコーダー