用語集

車両管理

運行日報の取りまとめ、事故後の保険対応、リース期限の管理、車両の現在位置、誰がどの車両に乗っているのか、よく使われている車両とそうでない車両はどれなのか、削減できる車両はないのか・・・

配送車両、送迎車両、営業車両など、様々な形で車両が使われているものの、社用車はオフィスから目の届く範囲に常にいる訳ではないので、管理するのはとても難しいのが事実。
とはいえ、きちんと管理をしないと重大な事故が起きてしまえば、被害者はもちろんのこと、加害者のドライバー自身も肉体的・精神的な苦痛を受けてしまう。それだけなく、会社としても社会的信用を失い、事故後の対応で弁護士を雇う可能性もあり、会社としても大きな負担となる。そのため、リスクマネジメントの観点からも車両管理は不可欠なものとなっている。

車両管理をする上で特に大事なのは「安全運転管理者の選任」「車両管理規定の作成」「管理部門の明確化」の3点である。
 

安全運転管理者の選任

「道路交通法施行規則」では、乗車定員11人以上の自動車1台、またはその他の自動車を5台以上所有している事業者は、安全運転管理者を選任しなければならないと定められている。
 

車両管理規定の作成

車両の管理方法を社内で統一するため、車両管理規定を作成し、社用車の運用ルールを厳格化することが必要である。
 

管理部門の明確化

管理部門を明確にしていないと、車両管理することはできない。基本的には総務部が定期点検や自動車保険、車検などを一括して管理するようにし、入出庫確認、鍵の保管、洗車などの日常的な管理については、社用車を実際に使用する各部署に担当させるのが良いだろう。

車両管理BPO