用語集

ジオフェンス・ジオフェンシング

ジオフェンシングとは、位置情報を使った仕組みの一つである。GPSやWi-Fiなどを使用し、特定の場所やその周辺に仮想的な境界(ジオフェンス)を設け、対象がその境界内に入ったとき、又は境界から出たときに、アプリやソフトウェアで所定のアクションを実行することである。

主にマーケティング活動に利用されることが多い仕組みであるが、車両をもつ企業の場合、例えば、自社倉庫の周辺エリアをジオフェンスとして設定し、従業員や協力会社がそのエリア内に入ると、倉庫側管理者にメール送信等の通知が飛ぶ。といったアクションを設定することで、物の受入れや動態管理、配送の予実管理を効率化するといった利用方法がある。

コーポレート・ガバナンス 協力会社