用語集

GPS

グローバル・ポジショニング・システム(Global Positioning System/全地球測位システム)の略称で、地球上での現在位置を測定するたのシステムのことを指す。
本来GPSとはアメリカ合衆国によって運営されている衛星サービスのみを指す言葉で、衛星測位システムの総称はGNSS(Global Navigation Satellite System/全球測位衛星システム)というが、日本では一般的に、位置情報測位のためのシステム全般を表現する際に、GPSという言葉が使われている場合が多い。

その仕組は、4基以上のGPS衛星から位置(軌道)と時間を信号として発信し、受信側(サービス利用者)までの距離と時間から位置を計算し、特定している。

スマートフォンやカーナビ、通信機能の付いたドライブレコーダー等にはGPS衛星からの信号を受信するためのアンテナが備え付けられており、リアルタイムな位置情報を確認することができる。また、その他にもGPS受信用のアンテナを搭載した機器は多数存在する。

位置情報は様々な用途で利活用されているが、法人では主に、社員に支給しているスマートフォンを利用した労務管理や、GPS機能付きの車載器を利用した動態管理・車両管理などに利用されている。

テレマティクス IT導入補助金