用語集

稼働率

稼働率とは、設備の稼働状況を測るための指標のこと。車両の稼働率の場合、対象となる期間のうち、車両が実際に稼働した時間や日数の割合のことをさす。
車両の稼働率は以下の式で求められる。

稼働率(%)= 実働時間 / 対象期間の総時間 ×100

数値が高い(=稼働率が高い)ほど車両が十分に活用されていることを意味する。
多くの企業では、稼働率の把握が難しいため人員が増える度に車両を増設し、大きなコストがかかっているケースが多い。車両が増えれば車両購入費用だけでなく、 税金・自賠責保険・車検・車両保険料・定期メンテナンス料・燃料費・駐車場代等々の管理と維持にかかるコストも膨らんでいく。稼働率を可視化し、車両1台あたりの稼働率を高めて本当に必要な台数に減らすことができれば、大きなコスト削減につなげられる。
稼働率の可視化にあたっては、車両管理システムのようなITツールが活用できる。車両管理システムを車両に取り付けることで車両毎の日々の利用時間や走行距離等の走行データを簡単に取得することができるため稼働率の可視化が実現できる。

業務効率化・業務改善 コーポレート・ガバナンス