用語集

ルート営業

すでに取引関係がある顧客を主に訪問する営業職のことをルート営業と呼ぶ。

主に取引先担当者とのコミュニケーションを通じて信頼関係を構築し、ニーズや課題を発掘することで継続した取引や新規受注・売上アップを目指す営業スタイルである。

ルート営業にとっては継続的な関係構築が非常に重要で、かつ適切なタイミングでの訪問が必要なため、顧客の所在地ごとにエリアを分けて営業担当者を配置している場合が多い。

また、「どの顧客をどの時期に訪問すべきか」を戦略的にとらえるために、営業行動を可視化するツールやCRMツール等を活用した営業戦略・顧客管理の重要性が非常に高い。

SaaS(サース/サーズ) CSR