用語集

運行指示書

運行指示書とは
「運行指示書」とは、運行予定時刻や経由地、休憩地及び休憩時間、到着予定地及び時間など、運行にあたっての計画が記されたものである。2泊3日以上の運行、48時間を超える中間点呼を必要とするような乗務では運行管理者が対面で点呼をとることができないため紙ベース(運行指示書)で乗務員に適切に指示を行うことが義務付けられている。
一般貸切旅客自動車運送事業者においては、日帰りや1泊2日の運行であっても運行指示書を作成する必要がある。

運行指示書に必要な項目
運行指示書の記載事項は、貨物自動車運送事業安全規則(運行指示書による指示等)で決められており、第9条3項に運行指示書に記載しなければならない7つの項目が記載されている。

1、運行の開始及び終了の地点及び日時
2、乗務員の氏名
3、運行の経路と主な経由地における発車、到着の日時
4、運行の際に注意を要する箇所の位置
5、運行の途中で乗務員に休憩を与える場合は、休憩場所(地点)と休憩時間
6、乗務員の運転または業務の交代がある場合は、交代する地点
7、その他運行の安全を確保するために必要な事項

●運行指示書の保管期間
運行指示書は、正と副の2部を作成する必要がある。正は乗務員が携行し、副は営業所で保管し、乗務員が運行から戻ってきたら、正と副をひとつにまとめて運行の終了の日から1年間保存する必要がある。

テレマティクス保険 3PL