安全運転走行の
啓発・事故を防ぎたい
PROBLEM/SOLUTION

資料ダウンロード

よくあるお悩み

  • 事故を減らしたいが対策に効果が見られない
  • 危険運転をしているドライバーに適切なフィードバックをしたい
  • 走行毎に管理者へ危険運転を検知して通知したい

SmartDriveのサービスを導入すると…

安全運転診断機能で
クセや危険運転を可視化

特許を取得した安全運転診断機能が運転のクセをや危険運転を可視化します。また、危険運転を自動検知し、走行毎に管理者へ通知することも可能。

走行毎にドライバーが自身が結果を確認することできます。自律改善が行われやすい職場環境をご提供します。

感覚や経験だけでなく
データを元にしたフィードバック

安全運転をドライバーに実施してもうため、定期的にフィードバックや講習をするにしても感覚や経験だけをもとに話しても理解は得られにくいもの。キチンと危険走行をデータで可視化することで、客観的なデータをもとにした公平なフィードバックが可能になります。

急ハンドル、急加速、急減速の回数だけでなくトータルの走行データから算出した総合スコアも用いて安全運転を啓蒙することが可能です。

運転中の重力を可視化する
「G-Force」機能

ドライバーが走行を行う毎にG-Force Map(運転における重力マップ)が作成されます。運転中の重力マップを可視化することでより改善につなげやすくなります。

内側の円の中に入っている緑のバーは安全運転かつ同乗者が快適に乗車できるレベルの重力ですが、外側の紫のバーは、危険運転のカテゴリーに入る重力であり、同乗者も不安・不快に感じるレベルとなります。