働き方改革がすすむ中、業務の効率化は必須です。また重大事故は企業イメージの毀損を招くため未然に対策を講じる必要があります。

よくあるお悩み

  • ドライバーの業務を効率化し労働時間を削減したい
  • 安全運転管理者の業務を軽減したい
  • 重大事故へ繋がる「ながら運転」を撤廃したい

SmartDriveのサービスを導入すると…

運転日報は自動で作成
スマホからかんたんメモ入力

手書きでの運転日報作成は不要です。アプリからかんたんに登録できる業務記録と、走行データを元に自動で作成されます。
行き先の情報やメモもスマートフォンから簡単に入力・編集ができ、ドライバーの日々の業務を効率化し、労働時間の削減を見込めます。

運転日報の管理や、ドライバーへの
安全運転指導業務を効率化

日報や業務記録の管理は、管理画面状で行えます。任意の期間と人で自由にデータを確認でき、業務記録へ拘束時間や労働時間も自動で算出されるため、労務管理の作業も大幅に削減できます。
走行履歴から急操作の詳細も確認できるため、数値を元にした適切な安全運転指導も可能になります。

ドライブレコーダーで車内外を記録し
急操作の発生状況を正確に把握

SmartDrive Fleetドライブレコーダーは1台のカメラで前後(車内・車外)を記録することができます。急操作があった際、前後10秒の映像が保存されるため、状況把握が容易になります。急操作に繋がりやすい「ながら運転」の早期発見に役立ちます。