保有している車両の稼働状況を把握し、車両台数の適正化へと導きます。また業務を効率化することで作業時間を削減することができます。

よくあるお悩み

  • 保有する車両台数が適正なのかどうかわからない
  • 事故発生に伴うコストを無くしたい
  • 日々のガソリン代を抑えたい

SmartDriveのサービスを導入すると…

車両の稼働状況を可視化し、
保有数を適正化

管理画面から車両ごとの稼働状況レポートを確認できるため、低稼働・未稼働の車両を把握することが可能となり、人員に沿った適切な車両台数へと導きます。
予約利用である場合は利用者名も記録されます。

ヒヤリハットを可視化し
適切な安全運転指導を実現

事故に関連するコストは修正代だけではありません。保険料の増額や、事故対応の人員コスト、ケースによっては損害賠償なども発生します。
急操作や走行ルートの記録による、適切な安全運転指導の実施、また業務記録による適切な労務管理を行い、まずは事故の温床となるヒヤリハットを削減しましょう。

走行ルートや車両稼働状況を可視化し、無駄なガソリン代を削減

今ドコにいるのかに加え、ジオフェンス機能による納品先への到着/出発情報の通知設定も可能です。
この機能により荷受け側のオペレーションを改善し、作業時間を短縮し、ドライバーの拘束時間の短縮化を進めることができます。