安全運転指導は感覚や経験だけをもとに話しても理解は得られにくいもの。急操作が可視化され、運転状況が点数化されたデータをもとに、適切なフィードバックが必要です。

よくあるお悩み

  • 事故を減らしたいが対策に効果が見られない
  • 危険運転をしているドライバーに適切なフィードバックをしたい
  • 走行毎に検知した急操作を管理者へ通知したい

SmartDriveのサービスを導入すると…

安全運転診断機能で
クセや危険運転を可視化

特許を取得した安全運転診断機能が運転のクセをや危険運転を可視化します。また、危険運転を自動検知し、走行毎に管理者へ通知することも可能。

走行毎にドライバーが自身が結果を確認することできます。自律改善が行われやすい職場環境をご提供します。

急操作した地点はすべて
走行ルート上へ記録

検知した急操作は全て走行ルート上に記録されます。どのルートで急操作が発生しやすいのか?往路と復路で発生頻度の違いはないか?など、傾向を把握することが可能です。

運転中の重力を可視化する
「G-Force」機能

ドライバーが走行を行う毎にG-Force Map(運転における重力マップ)が作成されます。運転中の重力マップを可視化することでより改善につなげやすくなります。

内側の円の中に入っている緑のバーは安全運転かつ同乗者が快適に乗車できるレベルの重力ですが、外側の紫のバーは、危険運転のカテゴリーに入る重力であり、同乗者も不安・不快に感じるレベルとなります。