バナー

システム連携

普段お使いのシステムと簡単に接続・連携しデータの価値をさらに高められます

デモ体験を申し込む
デモ体験を申し込む

基幹システムや他社クラウドサービスなど、多くの環境と連携することで、さらなる業務効率化を図れます。また異なる種類のデータを掛け合わせることでビジネスにおけるさらなる価値創出の可能性も広がります。まずはお問い合わせください。

こんな課題はありませんか?

  • ツールが分散して業務が非効率になるのを避けたい
  • 既存データも活かして新たなデータの価値を見出したい

システム連携の一例をご紹介します

kintoneアプリへのモビリティデータ自動反映

サイボウズ株式会社が提供する「kintone」とのAPI連携により、業務で車両を使用した際、走行履歴や日報が自動的にkintone管理画面へ反映されます。
営業活動や配送業務などを管理する他の業務アプリケーションと組み合わせ一元管理が可能です。管理者においては⾧時間労働や業務過多などを確認でき、従業員は日報を手書きする必要がなくなるなど、業務改善を図ることが出来ます。

SmartDrive FleetからLINE WORKSへのメッセージ送信

LINE WORKSのチャットを活用し、ドライバーの現在位置を確認した上でのメッセージ送信や、地図上で指定範囲内にいるドライバーへのメッセージ配信などがSmartDrive Fleet上で行えます。位置情報を確認しながら電話で行っていたドライバーへの指示や手配をより的確に行え、さらなる業務効率化を図れます。

運行計画から遅延を可視化するサービスの共同開発

monofulが提供する到着遅延見込み通知サービス「着タイム」と「SmartDrive Fleet」や「Mobility Data Analytics」を連携させることによって、配車計画・動態管理/遅延通知・実績管理・配車の最適化まで、物流におけるPDCAサイクルをワンストップで行えます。

この機能を無料で体験できます

この機能を無料で体験できます

デモ体験を申し込む