用語集

車両管理台帳(車両管理表)

車両管理台帳とは、企業が使用している車両の使用状況・車両情報・保険の加入状況や期限等の管理を行うためのツールとして、多くの企業では車両管理規定内にて作成が定められている。

車両管理台帳に記載すべき必須項目は大きく3つに分けられる。


①車両を特定するための情報
・車両本体に関する項目
(車名・登録年度・車体番号・型式・色・定員数・登録番号)
・購入や配車に関する項目
(購入/廃車年月日・購入先・新車/中古車区分・リース期間)


②車両の状況を把握するための項目
・車検・整備に関する項目
(車検有効期限・定期点検記録・整備工場名・整備状況)
・使用・管理に関する項目
(所属・運転者名・管理者・変更履歴)
・修理・事故履歴


③保険情報
・自賠責保険 (保険年月日、保険会社、証券番号、保険金額)
・任意保険 (保険会社、証券番号、保険期間、保険代理店、保険内容)


特にフリート契約で車両を保有している場合、修理や事故履歴と照らし合わせて料率を把握しておくことで、長期的な事故防止対策とあわせて費用の割引割増容認の把握管理、安全運転指導に活かすことができるため、自社の情報を継続して記録していくことは非常に重要であるといえる。