用語集

車両予約

法人で車両を保有している場合、従業員数と保有車両台数は必ずしもイコールではありません。限られた数の車を複数人で利用する場面は多く発生します。

稼働率を最適化した結果、一人一台の車両保有ではなく複数人で一台の車を共有するようになったというケースもあると思います。


そのような運用の場合、「使用したいときに車があるかわからない」という状況を防ぐために、予約簿などを使用して運用している企業も少なくありません。保有する車両が1台ないし2台程度の場合は、紙やホワイトボード、エクセルでの予約管理で問題ない場合が多いですが、それ以上の台数になると、「誰が管理するのか」「最新の情報はどれか」であったり、「予約したものの本当に使用したのかわからない」といった事情も発生します。

こういった事態を防止するために、オンラインでの共有カレンダーや車両管理システムを利用する企業が増えてきています。

車両管理システムの多くは走行データを取得しているため、「実際に何時間走ったのか」「予約が無い状態で使っていないか」等を可視化することが可能となります。