お役立ち情報トップ
2020年6月3日

車両管理アプリとは?機能とメリットを詳しく解説

車両管理システムを活用して「安全運転の推進」「運転日報の管理」「走行データを活用した業務の効率化および経費削減」など、様々な取り組みをされている企業が増えていますが、車両管理システムは文字通り管理者のためのシステムなのでしょうか?いえいえ、そんなことはありません、車両管理システムはドライバーの方にもメリットは沢山あります。

そこで今回はドライバーが利用するスマートフォン アプリについて解説し、車両管理システムがドライバーに対してどのように有効なのかを紹介いたします。

車両管理アプリとは?機能とメリットを詳しく解説

法人向け車両管理アプリとは

企業が車両管理を行おうとした場合、様々なツールを活用します。紙やエクセルで管理をしている企業もありますが、最近ではクラウド車両管理システムを利用する企業が増えています。

車両管理責任者は車両管理システムを利用して、車両の現在位置の把握、急ブレーキや急発進などの危険運転を検知した安全運転指導、動産情報の管理、蓄積されたデータを元にした車両の稼働率分析など、様々なことを行います。

管理者はこのような車両管理業務をパソコン上で操作するのが一般的ですが、実際に運転をするドライバーは車両管理システムをどのように活用するのでしょうか?

ドライバーの方々は当然ですが運転をしているので、走行中にパソコンを開くことはできません。また、忙しい業務の合間に停車してパソコンを開いて作業するというのもの現実的ではないでしょう。そこで活用されるのがスマートフォンです。スマートフォンのアプリであれば、ちょっとした停車の合間に確認したり操作をすることができます。ドライバーとしてはパソコンよりずっと使い勝手が良いのです。車両管理システムを契約している場合、専用の車両管理アプリも無料でつかえる場合が多いので、スマホアプリを利用していないのであれば、これを機に自身が契約している車両管理サービスにアプリの利用ができないかを確認してみると良いでしょう。

車両管理アプリの機能

それでは具体的に車両管理アプリでどのようなことができるのでしょうか?ここではクラウド車両管理『SmartDirve Fleet』で一般的に利用されている機能に絞ってご紹介します。

位置情報の把握

営業車やメンテナンス車の場合、「誰が今どこにいるのか」をチーム内で共有することは、管理者だけではなくドライバーにとっても有益です。車両管理アプリでもパソコンと同様にリアルタイムな位置情報を把握できるようにしておくことで、急な問い合わせや訪問依頼に即座に対応できるようになります。

運転日報の入力

「出発地から到着地まで、どのルートで向かい、どの程度走行したのか?」といった情報をアプリ上で確認できるだけではなく、行き先や内容をその場で入力できる機能です。紙ではなくアプリで入力することで、クラウド上のシステムとタイムリーに連携されます。わざわ帰社して紙に記入して提出するという作業が不要なため、直行直帰が多い営業やサービス担当者に多く利用されています。

車両予約

1台の車両を複数人で使用している場合、会議室のように「車両の予約」を行うことで、効率よく車両を利用することができます。この予約を入れる機能をアプリに搭載しているため、「明日、急遽で社用車を使う用事ができた」「予約していた時間が変更になった」といった場合でも、パソコンを立ち上げることなく予約を入力・変更することができます。

業務記録の入力

長時間の運転が発生する場合「きちんと休息時間が取れているのか」を管理することは車両責任者の責務です。「荷待ち中」「休憩中」「サービス対応中」等の業務内容をアプリ上でタップすることで、労務時間や休憩時間を正しく計測することができる機能を搭載しています。

なお、クラウド車両管理システムSmartDrive Fleetではご契約いただいた企業の方へスマートフォン用のアプリを無料提供しています。ドライバーの方にとってより使いやすいものになるよう日々ブラッシュアップをしているため、ぜひダウンロードをしていただければと思います。

車両管理アプリの活用事例

実際に車両管理アプリを活用して頂いている企業様の声をご紹介します。

バンダイナムコアミューズメントさまが取り組む、社員と会社を守る『車両管理』とは?

株式会社バンダイナムコアミューズメント

“日報を手書きではなくデジタル化することも今回の導入で実現したかったのですが『SmartDrive Fleet』ではドライバー用のスマートフォンアプリも用意しており、走行するとすぐに日報が作成できるという点も導入を決めた理由です。”

シガーソケットにさすだけで簡単に車両管理システムを導入! 勘と経験に頼らず営業活動の効率化・安全運転の促進を実現。

有限会社One up

“リアルタイム機能によって予想外の効果が出ています。先述したように個人携帯で運用しているため、業務連絡はすべて事務所を経由していました。案件によっては、同じ場所へ2名のドライバーを向かわせるケースもありますが、待ち合わせの際にそれぞれが今・どこにいるかという情報を管理者が個別に連絡しなくてはならなかったのです。それが今では、ドライバーのスマホから他のドライバーの現在位置が確認できるようになったため、わざわざ管理者に確認の電話をする手間がなくなりました。”

もっと車両管理アプリについて詳しく知りたい方は