用語集

ホワイト経営認証(運転者職場環境良好度認証)

運送業におけるドライバー不足の深刻化を背景として、国土交通省は2018年6月に「自動車運送事業者のホワイト経営認証」を行うことを発表した。

これまでのトラック事業者に係る評価制度は主に運行の安全性に関して評価・認定であり、主に荷主等へ情報提供を行うための制度であったのに対し、新たな認証制度である「運転者職場環境良好度認証制度」を設定した。

これは、主に運転者の労働条件や労働環境に関して評価・認証を行い、主に求職者へ情報提供を行うための制度として設計されたもので、労働条件や労働環境の改善とともに、ドライバーの確保・育成のための取り組みを積極的に行う事業者を「ホワイト経営企業」と認証し、雇用促進や社員の定着を促進することを目的としている。申請した事業者は経営状態の優良度によって「1つ星」~「3つ星」の3段階で評価され、取得には約80項目ある認証基準をクリアすることが求められる。

認証を受けた事業者は、国土交通省や、認証を実施する団体のホームページなどへの掲載、車両への「認証マーク」表示、求人票や求人サイトなどに認証を受けていることを記載、等が可能になる。